ロコモティブシンドロームは移動機能になんらかの障害があり、将来的に介護が必要になったり寝たきりになってしまうリスクが高い状態を指しています。
そのためロコモティブシンドロームは良くないことと考えられているのですが考えようによっては寿命、特に健康寿命を伸ばすチャンスとも言えるのではないでしょうか。

ロコモティブシンドロームの予防

ロコモティブシンドロームにならないためにどうすればいいのか、これは毎日の適度な運動や正しい食生活です。
筋肉と骨はどちらも体を動かすのに欠かせないものですが40代になったあたりから徐々に衰えてしまいます。
適度な運動をして負荷をかけ、栄養バランスを意識した食事をしないと筋肉と骨はどんどん弱っていき最終的にロコモティブシンドロームになってしまう可能性が高くなるのです。
つまりロコモティブシンドロームの予防としては若い頃からしっかり運動習慣を付け、毎日の食事にも気を配ることが大切です。
健康的な毎日がロコモティブシンドロームを予防すると言ってもいいでしょう。

ロコモティブシンドローム予防で健康寿命が伸びる

健康的な生活を送ること、これがロコモティブシンドローム予防に大切なわけですが健康的な生活をしていれば当然ですが健康寿命は伸びる可能性が上がります。
ロコモティブシンドロームになるのは避けるべきですが考え方によっては予防することで健康寿命を伸ばす良いきっかけにもなるのです。
いつまでも元気に過ごすためにはロコモティブシンドロームとはなんなのかを知り、予防策を講じることがポイントです。