ロコモティブシンドロームになると運動機能が低下します。
つまり自分がロコモティブシンドロームかどうかは運動機能をチェックすればわかります。
ここではその方法について紹介しましょう。

立ち上がりテスト

これは一定の高さの台に腰掛け、その状態から立ち上がれるかどうかを見るテストです。
まず10センチから40センチの4つの台を用意し、まずは40センチの台に椅子に座るように腰掛けます。
腰掛けたらそのまま反動を付けずに立ち上がってみましょう。
両足を地面に付いた状態で立ち上がれたら今度は片足を浮かせた状態で立ち上がってみます。
クリアできたら台の高さを低くしていき同じようにテストを繰り返します。
40センチの台から片足で立ち上がる事ができない場合は運動機能が低下し始めている状態、20センチの台から両足で立ち上がれない場合は運動機能の低下が進んでいる状態といった感じで判断します。

歩幅テスト

こちらはスタートラインから大股で2歩歩き、2歩の歩幅を測るテストです。
歩幅を図ったら身長で割るのがポイントで、割った数字が最終的な成績になります。
数字が1.3メートル以上あれば特に問題ないのですが1.3メートル未満の場合は運動機能が低下し始めている状態、1.1メートル未満の場合は運動機能の低下が進んでいる状態と判断できます。
もしこうしたテストを行ってみてロコモティブシンドロームのリスクが高まっていると感じた場合は運動を積極的に行うようにするなど予防策を考える必要も出てくるでしょう。